「STORES.jp」から「結城武彦開運鑑定室」を引き上げます

今月26日、ネットショップサービス「STORES.jp」に出店していた「結城武彦開運鑑定室」が突然クローズされ、カスタマーサポートK氏から、以下のようなメールが届きました(マーカー線は筆者)。

 

現在、上記ストアにご登録中のアイテムに関して、
決済収納会社が定める登録禁止商品に該当すると判断し、
一時的にストアを【非公開設定】といたしました。

■ 利用規約第5章「登録禁止商品」
https://stores.jp/terms

【該当アイテム】
アイテムリスト内すべて(非公開アイテムも含む)

【該当事由】
決済収納会社の販売禁止商品に該当。
商材ジャンル:占い

お手数をおかけいたしますが、該当アイテムの削除をおこなっていただき、
ご返信くださいますよう、お願い申しあげます。

 

はて、おかしいなと、私は思いました。

「STORES.jp」の登録禁止商品(利用規約第5章)に「占い」を禁ずる項目はなかったため、私は「STORES.jp」でお店を開いたのです。

 

そこで再度、利用規約第5章を確認し、その旨をしたため、折り返しカスタマーサポートK氏にメールをしたところ(マーカー線は筆者)、

 

本件については、STORES.jpの利用規約には反した商品ではございません。
クレジットカード決済代行会社により通告を受け対応いたしました。
そのため、具体的に何の商品が決済代行会社の規定に反した商品なのか
までは開示されておらずストアオーナー様へお伝えすることができません。

決済代行会社によっては、【占い】商材自体を取り扱い禁止としている場合がございます。

ストアオーナー様のストアの中に、占い商材があるものは削除いただき
占い商材ではないアイテムのみ掲載いただくうようお願いいたします。

ご対応完了いただきましたら、改めて本メールまでご返信ください。

 

というメールが届きました。

 

私は唖然としました。

 

「STORES.jp」の利用規約に反した商品ではないのに、どうしていきなり、一生懸命準備して開店したショップを勝手にクローズされ、アイテムを削除しろなどと命令されなければならないのでしょう。

 

そこで私は、

 

なるほど、
であれば、「STORES.jp」さんの登録禁止商品の規約にも、
きちんと「占い」は禁止と明示されるべきではないでしょうか。

私は規約をすべて読み、問題ないと判断してお店を開かせていただきました。
たいした手間ではないかと思われるかも知れませんが、
それなりに時間をかけてオープンにまで漕ぎつけました。

それがすべて無駄になるかと思うと、やはり納得できない思いがします。

今後、「占いは禁止」と明示していただけるかどうか、お聞かせ願えますでしょうか。
禁止だと決まっているのならば、それが当然だと私は思うのですが。

 

とK氏に問い合わせをしました。

 

すると帰ってきた返事は……

 

STORES.jpの利用規約の中にある登録禁止商品とクレジットカード決済代行会社の
販売禁止商材の規定が異なっている可能性はございます。
ですが、決済代行会社と同様の登録禁止商品に合わせることは行わず
サービスに基づいて利用規約を定めて明示しております。

 

……………………はあ?

 

意味が分かりません。

 

どうして「決済代行会社と同様の登録禁止商品に合わせることは行わずサービスに基づいて利用規約を定めて明示しております。」などと胸を張って言うのでしょうか。

決済代行会社から文句を言われたら、速攻、ショップに命じて対象商品を削除させる処理に走るというのに。

我々ショップを守ってくれるわけでもない。決済収納会社がNGというならそれはNGだというのなら、そうした決済収納会社のNG事項も明記するのが当たり前なのではないでしょうか。

 

上にもコピペしたとおり、「STORES.jp」ははっきりと、

 

【該当事由】
決済収納会社の販売禁止商品に該当。
商材ジャンル:占い

 

と理由を示してきました。

 

ということは、決済収納会社によっては「占い」を扱っているサービスはNGだということは、最初から分かっていることのはずです。

それなのに、どうして登録禁止商品、あるいは要注意商品として注意喚起しないのでしょう。

少なくとも「STORES.jp」と取引する可能性のある会社の中には確実に「占いはNG」という会社があるわけですから、どうしてそうした可能性(「決済収納会社によっては占いサービスや●●、●●はNGとなる可能性があります」)ぐらい、きちんと規約に書いてくれないのでしょう、

でないと今後、私のように「STORES.jpなら占いサービスは大丈夫」と勘違いをして、ショップを出そうとする占い師だって出てきてしまうではありませんか。

 

それはいいのでしょうか?

幸い私は商品の特性上、出品項目も少なかったのですが、「占い」に限らず、実は「STORES.jp」ではよくても決済収納会社ではNG項目なのだということを知らずにせっせと商品を出品し、そのアイテム数が200が300だとなってから、突然そのすべてをバサッとクローズされ、

 

【該当事由】
決済収納会社の販売禁止商品に該当。
商材ジャンル:●●

 

だなどと、木で鼻をくくったようなメールで通告されたら、そのショップオーナーさんの怒りは私なんかの比ではないと思うのですが。

 

ショップサービスってどこもこんなものなのでしょうか。

決済に関し、個人ではどうしようもないいろいろなことをしっかりと守ってもらいたくて、私なんかは利用しようと思ったのですが、これではてんで話になりません。

 

もちろん今回の話、私が無知なだけなのかもしれません。

「いや、そうではないんだよ」というような、こういう問題にお詳しいかた、いらっしゃいましたら、ぜひご教示いただければ幸いです。

 

いずれにしても、これで「結城武彦開運鑑定室」は最初から作り直しです(ため息)。

 

利用しようとしてくださっていたすべてのお客様に、心よりお詫び申し上げます。

 

本当に申し訳ございません。

鑑定室再開の日まで、今しばらくお待ちください。

タイトルとURLをコピーしました