南海キャンディーズ山里亮太さんの宿命は、話題のアノ人とそっくりです

★★★★★鑑定のご依頼をお受けしています。ぜひご相談ください★★★★★

結城武彦(プロフィールはこちら)は「易学鑑定士」の資格を持つ占い師です。算命学と九星気学であなたのお悩みに寄り添います。

◎「結城武彦開運鑑定室」はこちらです!

 

 

 

 

 

ココナラでも依頼をお受けしています!

交際期間わずか2か月、だそうです。

南海キャンディーズの山里亮太さん(1977年4月14日生まれ)が、女優の蒼井優さん(1985年8月17日生まれ)と電撃的とも言える結婚の発表をされました。

お二人の命式を見ると前世の縁的なものもあり、また出会いから交際、結婚へと至れる相性の良さもお持ちです。ただ、性格的にはいろいろと違う部分もお持ちなので、お子さんをかすがいにされるなど、さらなる幸福のためにお互いにいっそうの努力が必要になる部分もあります。

ですが、山里さんにとっても蒼井さんにとっても守護神となるのは「家庭の星」であり、家庭を持ち、それを大事にすることで運勢がいちだんとよくなっていく宿命であることは間違いありません。ぜひお二人で自分たちの家庭を大事にされるとよろしいかと思います。

交際2か月、というのはいささか心配ではありますが……(よけいなお世話ですね。すみません。笑)

 

それにしても、山里さんはラッキーなかたですね(笑)。

その命式をよく見てみると、やはり変わった宿命の持ち主でした。

 

●山里亮太さん(1977年4月14日生まれ)

  辛 甲 丁  子
   辰 巳  
   __________
   癸 乙 庚
   辛 癸 戊
   己 戊 丙

 

命式の大きな特徴は2つ。

まず一つは「殺印相生格一点破格」という完全格の「殺印相生格」に準ずる盛大な強運をお持ちであること。格が違う、といいますが、それですね(ただし、完全格に比べるとパワーは落ちます)。

そしてもう一つは、「宿命全中殺」というとても珍しい命式であることです。

自分から見た天中殺(辰巳)においても、親から見た天中殺(子丑)においても、すべてが命式内に存在し、年支、月支、日支のすべてが中殺されています。

このことが、いったいどういう人となりを形成するかというと、ひと言で言えば「変わり者」になります。ところが本人は自分が変わり者だとはまったく思いません。

つまり、人とは違った人生行程を歩みがちで、しかも「殺印相生格一点破格」でもありますからとてもラッキーなことも多いのですが、本人的にはあまりそうした自覚(=自分はとてもラッキーで、しかもとても変わっている。人とは違う人生になりやすい)がありません。

人とは違う人生を、ひょうひょうと歩みやすい、とでもいえばいいでしょうか。

 

山里さんとよく似た命式をお持ちの方がもう一人います。

 

このかたです。

 

●剛力彩芽さん(1992年8月27日生まれ)

  乙 戊 壬  戌
酉   申 申  
   ———–
   壬 庚 庚
   甲 戊 戊
     壬 壬

 

「殺印相生格一点破格」にして「宿命全中殺」。
ZOZOの前澤社長との恋愛が話題の剛力さんも、端から見ればとても幸運で変わった人生を歩まれているようにしか思えないのですが、ご本人的にはさほど自分の人生が変わっているとは思っていない可能性がある、ということです。

 

日本有数の大富豪との世紀の大恋愛が継続中の剛力さんと、歳の離れた天下の美人女優との恋愛が成就した山里さん。

お二人の命式によく似た部分があるのは、単なる偶然でしょうかね~。

スポンサーリンク
当サイト管理人・結城武彦の最新小説『この世の限り』Amazon Kindle ストアにて絶賛発売中!

タイトルとURLをコピーしました