著作紹介

怪談天中殺 占い師の怖い話/幽木武彦

出版社:竹書房
初版発売:2021年4月28日
定価:文庫版748円

 

 

 

 

 

 

生年月日から導き出す命式や人体図で個人の本質や宿命を占う算命学。
命式を見れば霊感の有無さえ分かるという占術は、その人が遭遇する心霊的な事象、怪奇事件まで暗示していることがある。
本書はそんな〈宿命の怪〉を目撃した占い師が綴る戦慄の実話怪奇録である――

・大運年運月運と3つの天中殺が重なる時期に引っ越した部屋で起きた怪現象…「寺の多い町」
・恵まれた財運と裏腹に精神的安定を得にくい宿命の女性。呪いに手を出した彼女の末路とは…「墓殺格の女」
・母の愛を奪い合う争母の命式を持って生まれた双子の姉妹。早世した姉の魂が妹の娘に憑依し…「争母」
……他、神秘の恐怖譚23話収録!


算命学怪談 占い師の怖い話/幽木武彦

出版社:竹書房
初版発売:2020年8月28日
定価:文庫版715円

 

 

 

 

 

 

妹に恋人を奪われ自殺した姉と同じ名前の人物が不幸を齎す。命式を見ると…「静子」、全柱異常干支という特異な命式を持つ少女が見る霊の正体とは…「茜ちゃん」、自分は長く生きられないと思う――算命学の奥義である寿命計算を依頼してきた若き女性。彼女の義父と義兄の連続首吊り死と赤い花の関係とは…「彼岸花」他、驚異の27話!

タイトルとURLをコピーしました