ブルース・ウィリスさんの今年の運勢が暗示していたこと

米国の人気スター、ブルース・ウィリスさんが失語症にかかられ、俳優業を引退するという報道がありました。

 

まだ67歳とお若いのに……。

 

映画『ダイ・ハード』のジョン・マクレーン刑事の活躍に胸躍らせた一人としては、なんとも複雑なものがあります。

 

でも、長いこと本当にありがとうございましたと、感謝の気持ちも。

 

ただ、ウィリスさんの今年の運勢を拝見すると、当ブログを見てくださっているかたは「ああ、またこの人も……」とお思いになるかも知れませんが、やはり象徴的な運勢がめぐってきています。

 

◎ブルース・ウィリスさん(1955年3月19日生まれ。67歳)

年運 大運   日  月  年

 壬  壬   己  己  乙
 寅  申   卯  卯  未

 

すでにおなじみの「五柱法」。

 

宿命3干支(年干支、月干支、日干支)に10年に一度変わる大運干支(ウィリスさんは2020年、65歳から「壬申」を通過中でした)、そして、本年の年運干支「壬寅」(万人共通です)を加えた運勢の見方です。

 

……もうお気づきですかね。

 

 壬  壬   己  己  乙
 寅  申   卯  卯  未

 

①天干が同じ十干 = 壬(水性陽干)

②地支が「寅(月に直すと2月。春の始まり)」と「申(月に直すと8月。秋の始まり)」という真逆、対極にくる十二支同士の激突「寅申の冲動」

 

というこの状態は、すでにご存じの「納音(なっちん。正確には、宿命外で発生していますので「外納音」)」。

 

「納音」は人生が180度変わるような何かが起きる(かも知れない)暗示です。

 

私のブログをお読みいただければお分かりの通り、とても多くの有名人のかたが、この「納音」発生時に、人生を狂わせています。

 

とても怖い暗示の一つ、と私は思っています。

 

算命学の無料アプリは、ネットにいろいろと存在しています。

 

ぜひご自分の生年月日を干支に直し、そこに大運、年運も加えてみてください。

 

本年のあなたは、大丈夫でしょうか?

 

このブログを書いているのは――

●結城武彦/幽木武彦 Takehiko Yuuki

占術家、怪異蒐集家。

算命学、九星気学などを使い、広大なネットのあちこちに占い師として出没。朝から夜中まで占い漬けになりつつ、お客様など、怖い話と縁が深そうな語り部を発掘しては奇妙な怪談に耳を傾ける日々。

2021年4月28日、実話怪談集第二弾『怪談天中殺 占い師の怖い話』上梓。2022年4月30日には、怪談集第三弾『忌神怪談 占い師の怖い話』もいよいよ発売!

竹書房公式noteにて、怪奇事件を算命学で読みとく『幽木武彦の算命学で怪を斬る!』も大好評連載中です。

鑑定のお申しこみは、こちらから!

タイトルとURLをコピーしました