新作『忌神怪談』発売間近!試し読みとして「二階の窓」先行公開です!

2022年4月30日、「占い師の怖い話」シリーズ第三弾がいよいよ発売となります。

 

タイトルは――『忌神怪談 占い師の怖い話』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も、鑑定を通じて知りあうことのできたみなさんのお話を中心に、怖い話、不気味な話がずらりと勢ぞろいしました。

 

取材しながら「本当にこんなことあるの!?」と驚いたり鳥肌を立てたりした怪奇純度の高い怪談全25話が、みなさんをお待ちしています。

 

もはや「幽木怪談」のレギュラーのようになっていただいた感のある、おなじみの不思議なかたがたの新たな怪談も、もちろん収録させてもらっています。

 

みなさん、よろしければぜひ、読んでみてください。

 

よろしくお願いいたします。

 

ということで、竹書房さんのプロモーションも本格化。竹書房noteで『忌神怪談』の紹介が掲載されました。

 

算命学×実話怪談の戦慄!『忌神怪談 占い師の怖い話』(幽木武彦)著者コメント・試し読み・朗読動画|Takeshobo Books|note
霊感の有無から怪の予兆まで見える脅威の占術、算命学。 怪奇現象の因果を算命学が紐解く、異色の実話怪談集! 内容・あらすじ 昔、義勇兵だったという夫。 〈波乱〉の宿命を命式に持つ彼の妻を襲う リアルな戦場の夢と生霊の正体は… ――「シリアの狼」より 生年月日から導く命式で霊感の有無まで分かるという占術、算命学。 そ...

 

同サイトでは新作から「二階の窓」というエピソードを先行公開

 

算命学が暗示する「強い絆」で結ばれた母と娘が奇妙な怪異と遭遇し、突き落とされた恐怖の日々から脱出するまでを描く戦慄の怪異譚。

 

個人的には、特異な霊能を持つ人々の「すごい力」というものにもあらためて畏怖の念と敬虔な気持ちを抱かされた、私にとっても印象的な一本です。

 

どうぞお楽しみください。

 

また、4月28日18時には「朗読動画」として、別の新作怪談も同ページ別コーナーで公開の予定です。

 

こちらは「幽木怪談」のレギュラーのお一人、「月野さん」が語ってくださった恐怖の一夜を描いたエピソード。

 

人気怪談師、怪談社の上間月貴さん(私自身、怪談社の一人の大ファンです。上間さんって、本当に声がいいんですよね。ほれぼれします)が、同胞・糸柳寿昭さん(怪談社)の絶妙の演出のもと、みごとな語り口で月野さんの物語を聞かせてくれます。

 

こちらも乞うご期待です!

 

忌神怪談 占い師の怖い話』は4月30日、いよいよ発売。

 

みなさん、よろしくお願いいたします!

 

このブログを書いているのは――

●結城武彦/幽木武彦 Takehiko Yuuki

占術家、怪異蒐集家。

算命学、九星気学などを使い、広大なネットのあちこちに占い師として出没。朝から夜中まで占い漬けになりつつ、お客様など、怖い話と縁が深そうな語り部を発掘しては奇妙な怪談に耳を傾ける日々。

2022年4月30日、怪談集第三弾『忌神怪談 占い師の怖い話』いよいよ発売!

竹書房公式noteにて、怪奇事件を算命学で読みとく『幽木武彦の算命学で怪を斬る!』も大好評連載中です。

鑑定のお申しこみは、こちらから!

タイトルとURLをコピーしました