もしも「2022年2月18日」に生まれたら……

二日後に近づいてきた「2022年2月18日」は、とても珍しいことになる一日です(今日は2022年2月16日)。

 

生年月日をいつものように、年干支、月干支、日干支に変換してみますと――

 

◎2022年2月18日生まれの人

壬 壬 壬
寅 寅 寅
———–
戊 戊 戊
丙 丙 丙
甲 甲 甲

※辰巳天中殺

 

なんと年干支も「壬寅」(今年は「壬寅」年です)、月干支(2022年2月)も「壬寅」、さらには日干支までもが「壬寅」という「壬寅」尽くしになる珍しい一日。

 

万年暦で調べてみると、前回は1962年3月5日生まれ」のかたがこの命式をお持ちでした。

 

「壬寅」という同じ干支が3つも揃う命式ですので、当然いろいろと特徴は出てきます。ですがここでは、それらひとつひとつについて言及はしません。

 

ただひとつだけ。

 

じつに大きな特徴をあげますと、この命式は――

 

一気生成格

 

という特別な格に入格します。一気生成格というのは、

 

・甲戌
・乙酉
・丙申
・丁未
・戊午
・己巳
・庚辰
・辛卯
・壬寅

 

これら9つの干支のいずれかひとつが年干支、月干支、日干支にそろう命式を言います(それ以外に、一気生成格に「準ずる命式」もありますが、ここでは省略します)。

 

そして、これらの干支はみなそれぞれ、スリーセブン状態になったときに現れる現象が異なるのですが、2022年2月18日(あるいは1962年3月5日)の「壬寅」揃い踏みの一気生成格の場合は、

 

別名「大富格」。財に執着する人生になりやすく、やがて大財をなす。

 

と言われています。

 

ちょっとうらやましいですね。笑

 

2022年2月18日に出産予定のご両親は、ぜひそんなことも楽しみになさりながら、あともうしばらく、お待ちください。

 

このブログを書いているのは――

●結城武彦/幽木武彦 Takehiko Yuuki

占術家、怪異蒐集家。

算命学、九星気学などを使い、広大なネットのあちこちに占い師として出没。朝から夜中まで占い漬けになりつつ、お客様など、怖い話と縁が深そうな語り部を発掘しては奇妙な怪談に耳を傾ける日々。

2021年4月28
日、実話怪談集第二弾『怪談天中殺 占い師の怖い話』上梓。2022年4月には、怪談集第三弾もいよいよ発売予定! 
竹書房公式noteにて、怪奇事件を算命学で読みとく『幽木武彦の算命学で怪を斬る!』も大好評連載中です。

鑑定のお申しこみは、こちらから!

タイトルとURLをコピーしました