榊英雄監督と「納音」の恐怖

今日は榊英雄監督の本年の運勢について書きます。

 

いつものように「五柱法」というフィルターを用いて、本年2022年の運勢を見てみましょう。

 

◎榊英雄監督(1970年6月4日生まれ。51歳)

 壬  丁   乙  辛  庚
 寅  亥   卯  巳  戌

 

これが宿命3干支」(右端から年干支、月干支、日干支。生年月日を干支に直したもの。狭義では、榊さんご自身は日干「乙」)に10年に一度変わる「大運干支」(榊さんは51歳から「丁亥」という干支の支配が始まりました。つまり、現在はその2年目です)、本年の「年運干支」である「壬寅」(万人共通)を加えた「五柱法」。

 

 壬  丁     辛  庚
 寅  亥   卯  巳  戌

 

日干(自分自身)「乙」の榊さんにとっては――

 

 壬  丁     辛  
 寅  亥   卯  巳  戌

 

奧さん(伴侶)となるのは「庚」。そして、いわゆる「伴侶以外の女性(たとえば愛人とかです)」は、

 

 壬  丁       庚
 寅  亥   卯  巳  戌

 

「辛」という干が、榊さんの命式においては「愛人」のシンボルとなります。

 

まずそれが基本。

 

そして2021年から始まった新たな10年「丁亥」は、榊さんの2021年からの運勢が、

 

 壬         庚
 寅  亥   卯    戌

 

天干の「丁(火性)」と「辛(金性)」が「火剋金(火が金性を溶かしてしまう)」の「七殺」(破壊力の強い激突)、そして地支もまた「亥(月に直せば11月)」と「巳(5月)」という真逆の季節に来るもの同士の激突である「巳亥の冲動」という組みあわせとなるこの姿は、天もガタガタなら地もガタガタという、いわゆる「天剋地冲」

 

破壊力最大級の「なにか」が運命に降ってきやすい運気であることが暗示されていますが、注目したいのはココ。

 

 壬         庚
 寅  亥   卯  巳  戌

 

たとえば「辛」を愛人とするなら、この10年の間は、「辛(愛人)」と「丁(星に直すと、榊さんの場合は「鳳閣星」。「鳳閣星」をどう読むかは難しいところですが、たとえば「鳳閣星」には「スケベ」という意味合いもありますので、ここでは「スケベ」として見てみましょう)」と激しい衝突関係を発生させますので、

 

スケベ(な行い)により愛人との間に激突が起きる(あるいは「スケベ(な行い)」が愛人を襲う、とも読めます)

 

と読むことのできる状態になります。

 

かてて加えて、そんな天干の下でもまた、その状況をさらに激しい破壊に導く「巳亥の冲動」が起きていますので、

 

 壬  丁     辛  庚
 寅     卯  巳  戌

 

象意の強さはよけいに増し、危険の度合いはいっそう高まるとみて良いでしょう。

 

そして本年2022年は、そんな「基本的な10年」に本年の干支「壬寅」が加わります。

 

   丁   乙  辛  庚
 寅  亥   卯  巳  戌

 

するとどうなるか。

 

 壬  丁     辛  庚
 寅  亥   卯  巳  戌

 

今年の年運干「壬(水)」と大運干「丁(火)」は、いわゆる「干合関係」の十干同士。この二つがくっつくと「壬」は「甲(木)」に「丁」は「乙(木)」に変わることもあります。

 

そして、もしも変わったとしますと、

 

 甲  乙     辛  庚
 寅  亥   卯  巳  戌

 

となり、さらにここに二番目の干合=「庚(金)」と「乙(木)」の結びつきによって「乙」が「辛」に変わるという現象が発生しますので、

 

 甲     辛  辛  庚
 寅  亥   卯  巳  戌

 

という風に十干が変わります。(愛人、愛人、愛人……愛人だらけ)

 

そして、もしも事態が動いて十干がこんな風に変化したとしたら、

 

 甲     辛    庚
 寅     卯  巳  戌

 

天干が同じ「辛」で地支が「巳亥の冲動」というこの状態は「納音(なっちん)」。人生が180度変わってしまうような何かが起きる暗示が発生します。

 

「天剋地冲」や「納音」が発生するときは、かなり危険な運気と思ってよいでしょう。

 

しかも「納音」で、人生が180度変わってしまうようななにかを発生させているのは「辛」=「愛人」。

 

榊さんにとっての「愛人」の位置づけが180度変わることになるとも読める、なんとも意味深な運勢です。

 

このブログを書いているのは――

●結城武彦/幽木武彦 Takehiko Yuuki

占術家、怪異蒐集家。

算命学、九星気学などを使い、広大なネットのあちこちに占い師として出没。朝から夜中まで占い漬けになりつつ、お客様など、怖い話と縁が深そうな語り部を発掘しては奇妙な怪談に耳を傾ける日々。

2021年4月28日、実話怪談集第二弾『怪談天中殺 占い師の怖い話』上梓。2022年4月30日には、怪談集第三弾『忌神怪談 占い師の怖い話』もいよいよ発売!

竹書房公式noteにて、怪奇事件を算命学で読みとく『幽木武彦の算命学で怪を斬る!』も大好評連載中です。

鑑定のお申しこみは、こちらから!

タイトルとURLをコピーしました