ウィル・スミスさんとクリス・ロックさんの「運勢」が私たちに伝えていること②クリス・ロックさん

お待たせしました。

 

「ウィル・スミスさんとクリス・ロックさんの「運勢」が私たちに伝えていること」。

 

第一回は、ウィル・スミスさんの本年の危険な運勢をご紹介しました。

 

二回目となる今回は、アカデミー賞で起きた事件のもう一人の張本人、クリス・ロックさんです。

 

◎クリス・ロックさん(1965年2月7日。57歳)

 壬  壬  壬  戊  乙
 寅  申  辰  寅  巳

※午未天中殺

 

いつもの「五柱法」で見ます。

 

「五柱法」となんぞやということについては、今回は省略します。よくわからんというかたは、もしよろしければ「ウィル・スミスさんとクリス・ロックさんの「運勢」が私たちに伝えていること①ウィル・スミスさん」をご覧ください。

 

ウィル・スミスさんとクリス・ロックさんの「運勢」が私たちに伝えていること①ウィル・スミスさん
そんな話題、どうでもいいというかたもいらっしゃると思います。 たしかにロシアとウクライナで今起きていることを思えば、アカデミー賞という米国映画界の「お祭」で起きた事件など、どうでもいいかも知れません。 ですが一人...

 

ということで、ロックさんですが、本年のロックさんもまた、ここで私が採りあげてきた多くの方々と同様「納音(なっちん)の呪縛」を受けています。

 

 壬  壬  壬  戊  乙
 寅  申  辰  寅  巳

 

年運が「壬寅」で大運が「壬申」。

 

天干が同じ「壬」で地支が「寅申の冲動」という、季節に例えるなら春(寅)と秋(申)という真逆なものの組みあわせ同士になるこの状態は、もうみなさんご存じの「納音」。

 

人生が180度変わるようななにかが起きる暗示です。

 

先日あるかたに聞かれたのは「180度変わるのは良い方向へは変わったりしないんですか?」ということでした。

 

もちろん変わります。

 

それまでの人生次第ということになるでしょう。

 

ロックさんの場合どうなるかは、まだまだ予断を許しませんが、いずれにしてもスミスさんによるロックさん平手打ち事件が、スミスさんご自身を襲っている本年の危険な運勢と同時に、ロックさんの「納音」を背景にしたものでもあった可能性は、やはり考えられるかも知れません。

 

このブログを書いているのは――

●結城武彦/幽木武彦 Takehiko Yuuki

占術家、怪異蒐集家。

算命学、九星気学などを使い、広大なネットのあちこちに占い師として出没。朝から夜中まで占い漬けになりつつ、お客様など、怖い話と縁が深そうな語り部を発掘しては奇妙な怪談に耳を傾ける日々。

2022年4月30日、怪談集第三弾『忌神怪談 占い師の怖い話』いよいよ発売!

竹書房公式noteにて、怪奇事件を算命学で読みとく『幽木武彦の算命学で怪を斬る!』も大好評連載中です。

鑑定のお申しこみは、こちらから!

タイトルとURLをコピーしました