運勢の不思議 城田優さんの運勢はついこの間変転しました

今日は人気俳優の城田優さん。その本年の運勢をご紹介します。

 

◎城田優さん(1985年12月26日 生まれ。36歳)

年運 大運  日  月  年

 壬  甲  己  戊  乙
 寅  申  亥  子  丑

 

城田さんのお生まれになった「1985年12月26日」を十干十二支に変換したのが、右から年干支、月干支、日干支で示す「宿命3干支」。

 

 壬  甲  己  戊  乙
 寅  申  亥  子  丑

 

その人のそのときの運勢を見る場合は、この宿命3干支(年干支、月干支、日干支)に10年に一度変わる「大運干支」(城田さんは本年2022年2月4日から「甲申」という新たな10年が始まりました)、その年の年運干支「壬寅」(万人共通)を加えた「五柱法」という見方で見ます。

 

 壬  甲  己  戊  乙
 寅  申  亥  子  丑

 

つまり城田さんは、ついひとつきほど前に「甲申」という新たな大運干支に支配されるようになったばかりで、こういう状態を「接運」と言います。

 

「接運」(大きな運気の変わり目)はなにかと運気が不安定になりやすく、要注意な時期。

 

そんなこと、ふつうのかたは気にかけようもなく、意識してくださいというほうが無理ですが、城田さんに限らず「接運」の時期というのは慎重さが求められるたいせつな時のひとつです。

 

そして――。

 

   甲  己  戊  乙
 寅  申  亥  子  丑

 

本年回ってきた「壬」は、日干「己」の城田さんから見ると「財」を意味します。つまり今年は、なんらかの意味で「財」に関わる何ごとかが表面化しやすい運気です。

 

さらに言うと――。

 

 壬  甲  己  戊  乙
 寅  申  亥  子  丑

 

城田さんご自身を表す日干「己」と、新しく回ってきた大運干「甲」は干合の関係で、この二つがくっつくと「甲」は「戊」に変わることがあります。

 

 壬    己  戊  乙
 寅  申  亥  子  丑

 

するとどうなるか。

 

 壬  戊  己  戊  乙
 寅  申  亥  子  丑

 

今年新しくめぐってきた大運干支が「甲申」から「戊申」に変わり、本年2022年の年運干支「壬寅」との間に「天剋地冲」という破壊力最大級の散法を発生させます。

 

「天剋地冲」とは十干(天干)同士が「七殺」(「壬(水)」と「戊(土)」で、陽干同士の土剋水=七殺)、下の十二支が「冲動」(寅申の冲動)となる、天もガタガタなら地もガタガタになりやすい、強烈な「破壊」の暗示。

 

こういう象意が発生したときはかなりの危険が予想され、しかも城田さんの場合は「接運」で大運干支が変わった直後でもあり、運勢は相当にリスキーで不安定です。

 

さらに、うがった見方をするならば、干合変化を遂げた「戊」は、城田さんにとっては「友人」を意味します。

 

 壬    己  戊  乙
 寅  申  亥  子  丑

 

つまり、「友人が城田さんの財になにがしかのトラブルをしかけてくる」と読むことも可能な運気。その上さらに、下にある十二支も「冲動」(激しいぶつかり合い)ですから、予想される破壊力には相当なものがあります。

 

こんな危ない運勢が支配しているのが、本年の城田優さんです。

 

このブログを書いているのは――

●結城武彦/幽木武彦 Takehiko Yuuki

占術家、怪異蒐集家。

算命学、九星気学などを使い、広大なネットのあちこちに占い師として出没。朝から夜中まで占い漬けになりつつ、お客様など、怖い話と縁が深そうな語り部を発掘しては奇妙な怪談に耳を傾ける日々。

2021年4月28
日、実話怪談集第二弾『怪談天中殺 占い師の怖い話』上梓。2022年4月には、怪談集第三弾もいよいよ発売予定! 
竹書房公式noteにて、怪奇事件を算命学で読みとく『幽木武彦の算命学で怪を斬る!』も大好評連載中です。

鑑定のお申しこみは、こちらから!

タイトルとURLをコピーしました