「幽木武彦の算命学で怪を斬る!」第二弾は「津山三十人殺し」とその犯人、都井睦雄に迫ります

怪奇な事件や事象、それにかかわった人物たちを算命学的視点から読みとくWeb連載企画『幽木武彦の算命学で怪を斬る!』

 

明治時代の新宗教教祖、島村みつにフォーカスした第一弾につづき、第二弾「津山三十人殺しと都井睦雄【前編】」が、竹書房の書籍と文庫の公式note「Takeshobo Books」にアップされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

連載第一弾となった「消えた救世主・島村みつの宿命と運勢」前後編は「怪談News」への登場となりましたが――。

 

 

 

 

 

 

第二弾からは、竹書房公式noteに舞台を移しての連載となるようです。

 

津山三十人殺しは、当時弱冠21歳の青年が、わずか一時間半ほどの間に、同じ集落などで暮らす30人もの村民たちを片っ端から殺害していった、日本犯罪史上最凶最悪の、といっても過言ではない凄惨かつ残忍な事件。

 

ミステリ界の巨匠、横溝正史が代表作の一本『八つ墓村』のモデルにした事件としても知られています。

 

『幽木武彦の算命学で怪を斬る!』第2回「津山三十人殺しと都井睦雄」では、日本犯罪史にその名を刻む連続殺人事件の犯人、都井睦雄にスポットを当て――

 

【前編】では、都井睦雄の宿命を算命学で見るとどう出るかをご紹介。

 

次週(2021年9月25日夜)アップ予定の【後編】では、歴史に名を残す一夜となった事件当日「昭和13年(1938年)5月21日」の睦雄の運勢(驚くような結果となりました)についてご紹介しています。

 

ぜひご覧ください。

 

 

このブログを書いているのは――

●結城武彦/幽木武彦 Takehiko Yuuki

占術家、怪異蒐集家。

算命学、九星気学などを使い、広大なネットのあちこちに占い師として出没。朝から夜中まで占い漬けになりつつ、お客様など、怖い話と縁が深そうな語り部を発掘しては奇妙な怪談に耳を傾ける日々。

2021年4月28
日、実話怪談集第二弾『怪談天中殺 占い師の怖い話』発売。7月29日発売『黄泉つなぎ百物語』にも短編「紫にまぎれる」で参戦。


竹書房公式noteにて、怪奇事件を算命学で読みとく『幽木武彦の算命学で怪を斬る!』連載中。

鑑定のお申しこみは、こちらから!

タイトルとURLをコピーしました