『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』鑑賞記②

スポンサーリンク
当サイト管理人・結城武彦の最新小説『この世の限り』Amazon Kindle ストアにて絶賛発売中!



GYAO!(ギャオ)で配信が始まったりBSテレ東でも放送が開始されたりと、改めて(という言い方でいいのでしょうか)注目を集めている感もある『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』

私の場合は後先考えず、Amazon Prime の動画レンタルサービスを利用して、全話(Amazon Prime の場合は全24話構成)有料レンタルしてしまいましたが(涙)、「次はどうなるの? そしてその次は!?」となること必死の、中毒性の高い韓国ドラマ。案の定、仕事の合間を縫って、ジナ(ソン・イェジン)とジュニ(チョン・ヘイン)の恋の行方を追いかけるようになりました。

現在、全24話中14話まで見たところです。
ですのでここから先の話は、そこまで見た段階の一個人の記録となります。ネタバレなど平気で出て来ますので、これからドラマをご覧になろうとしているかた、現在視聴中ではあるものの、まだそこまでは行っていないというかたは、以下の文章にご注意ください。

いやあ、ついにばれました……オモニに。

いったいいつ、どんな風にしてばれるのかなと興味津々で見ていたのですが、なるほどそう来たかという感じでしたね

ちなみにジナとジュニの秘密の恋が周囲の人々にどんな風にばれていったかと思い出してみると、

●ジナの弟のスンホ

トラブルを起こして警察に引っ張られたジナを、無言のまま署内で熱っぽく抱擁するジュニを間近で見て、二人の関係を知る。

●ジナの父親

ストーカーのようにジナにまつわりつく、つい最近まで付き合っていた元恋人の男に呼び出され、恨みがましく暴露される。

●ジュニの姉のギョンソン

ジュニの留守中、弟の家に入り、そこにあったスケッチブックに書かれていたジナの寝顔(+ジナのスケッチブックへのキスの痕)のスケッチなどを見て、衝撃を受ける(ゲームデザイナーのジュニは美大出身)。

といった感じで、いろいろなパターンで白日の下に晒されることとなりました。

で。

いよいよ、超難関であるゲスな俗物のオモニ。

オモニに対しては、フライング気味にジュニがいきなり告白をしようとしたところにジナも現れ、二人してオモニの前でうなだれ、無言の内に語る形で、自分たちの仲を告白しました。

いやー、怒りましたね、オモニ(笑)。いや、笑ってる場合じゃないのですが、スンホ(自分の息子)に八つ当たりするは勢いあまってひっくり返り、なんと右手を骨折するは、期待通り、あ、いやいや、予想通りの凄まじい暴れっぷりでした。

意外に、ジュニの姉のギョンソンがわりとスムーズに二人の仲を認めてしまったため、私なんかはちょっと肩すかし感を覚えたのですが(人の不幸を喜んでいるみたいですね。笑。でも、やっぱりすごい悪役、すごい憎しみ、すごい衝突があってこその韓国ドラマだと思っているので。今回のドラマでは、今のところそれはオモニです。とにかくオモニ。オモニ役の女優さん、視聴者〈わたし〉の憎しみと罵声を一身に浴びながらがんばってくれています。ストーカーと化したジナの元恋人も相当なものですが)、オモニは期待に違わず立ちはだかってくれます。

そんなオモニと対立し、さあこれからどうなる、ジナとジュニ、というところで、また私は平凡で慌ただしい自分の日常へと戻ってきました。

うーん、先が楽しみです。

ちなみにオモニ役の女優さんは、キル・ヘヨン。

12年前に旦那さんと死別されたというヘヨンさん、ネフローゼ症候群を患う息子さんをお持ちで、生活苦に苦しみながらそんな息子さんを育てたという逸話を持っていると聞きました。

それにしてもこの先、本当にいったいどうなるやら……。

酒量が増えたらしきジナのお父さんの、無言の内に語る複雑な思いにも、じーんと来るものを感じます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました